GooglePixelの下取りキットについての追加情報。

 先日、ブログにしたGooglePixel7の下取りキットについての追加記事です。

 品川郵便局に大量の下取りキットの本人限定書留の注文があり発送が大幅に遅れている問題について、進展がありました。

 私に関しては、本日無事に下取りキットを受け取ることができ、返送しました。ただ、少し私の不手際や郵便局でのちょっとしたトラブルがあったので少し記事にしたいと思います。

 まず、10/16にグーグルへチャットでの問い合わせを行いました。

確認したのは、もし下取りキットの到着が遅くなって、下取りに出しても返品期間内に価格が出なかった場合はどうなるのか?自分としては、0円になるなら購入は控えたいとの旨を伝えました。

 グーグルのチャット担当の方からは、10/19着までに届かなければ期間延長できないかを検討するので、指定するメールアドレスにメールしてほしいとのことでした。メールアドレスは後ほど私のところにメールすると言われましたが、届いていません。そして、肝心の質問の回答はなく、19日までに届くのがわかっているかのようでした。

 また、問い合わせのお詫びとしてストアクレジットを気持ち程度くれるとも言ってくれました。が、確認はできてません。多分、購入が決まればだと思います。

 

 そして待つこと10/17の夜に郵便局のページが更新され、18日の0時に発送する予定に変更になってました。

 と言うことで、18日の夜中に中央郵便局保管にページが更新されました。

ギリギリだなと焦り、朝から中央郵便局に保管された物を取りに行きました。

が、本人限定書留と言うのは、初めに自宅へ手紙(現物ではないです)が届き、その手紙を受け取ってから郵便局に電話やネット受付をし、配達して貰うか取りに行くかを知らせないと駄目なんです。私のように焦って取りに行かないようにしてください。

 そう言えば誰かそんな事を書いてたな、と思い返し、何も受け取れないまま自宅に戻りました。そして、13時前に手紙が届き、13時までに連絡すれば14時から16時の配達が可能だった為、それで依頼しました。

 そして待つこと15時45分。下取りキット到着!

 こんな箱でスマホを送って大丈夫なん?って思いながら箱詰めしました。メルカリで送る時のあの慎重な梱包が馬鹿らしくなるくらいでした(←ちょっと言い過ぎましたm(_ _)m)

 でも、これで故障だと言われても困るんですけど~。カメラも画面もバッテリーも大丈夫。四角の三角に擦り傷はあったが全然キレイ。これで0円は無いでしょう、と思ってはいるものの、61,500円の代物ではない。Pixel4やPixel4xlを下取りをした誰もが思うことでしょう。なので、大丈夫かな、、、と。

 

 箱詰めも済み、いざ中央郵便局へ。普通にいけば17時までに出せば翌日20日に届く。普通にいけば、ですが、、、。

 16時15分頃に郵便局に持ち込めた。余裕と思ったその時、着払いのバーコードが通らない!ただ、下取りキットに入っていた宛名シールを貼っただけなのに!

 もしかしたら、下取りはやめてPixel7を返品しろ!と神様が言ってるのかも知れない。いやいや、私はサブのiPhoneをやめてグーグル一本に絞る覚悟は出来ています。値段が付かなかった時は諦める、それで決めているので何とかバーコードが通って欲しい。けど無理みたいだったので、ダメ元でお問い合わせ番号を直打ちは?と聞くと、やっといけたみたい。

 バタバタしましたが、とりあえずはPixel4xlは10/19(16:40)に私の元を離れました。

 

 と言うことで、また何か進展がありましたらご報告します。

 ブログで書くような内容ではないと思いますが、次回以降のグーグルの下取りキャンペーンなどあった場合にでも参考にできるかな、と思います。

 基本的にはグーグルの対応は良いです。返品の事にしても日本メーカーも見習ってほしいと思います。

 あと、日本郵便は配達がこんなに遅れるなら受注を受けるべきではなかったのかなと思います。なんの関係のない書留を送った方が迷惑を被ったら可愛そうなので。

 

 それでは本日も最後までお読みいただきありがとうございました。