「賃貸派」「持ち家派」これって正解ありますか?

自宅は賃貸ですか?持ち家ですか?

   や、

あなたは、賃貸派?持ち家派?

    など、よく言われますよね。

 あなたは、どちらですか? 絶対に賃貸だ!や、絶対に持ち家だ! と、はっきり考えがある人もいるでしょう。

しかし、そういった人ばかりではないと思います。考えたこともない、と言う人もいるでしょう。

 私は、「~~派」や「絶対に~~でないと」と自分で思うには構わないと思いますが、人に押し付けるのは間違いだと思います。セールスで、家を買う方が家賃を払わないで良いから今買うほうが良いですよ、と言われて買うのも言ってみれば、セールスをする為の押し付けだと思うので、そういうので買うのは良くないかな?と思います。

 賃貸にしても、持ち家にしてもメリットとデメリットがあるのでそれを経験しないと分からないことも多いし、その時の環境によっても、あるいは性格によっても、人によってメリットになったりデメリットになったりすると思います。なので、結局は自分で調べたり経験したりして、最終的に良かったや悪かったを判断するしかないと私は思います。

 

 賃貸派の意見としてよく言われているのが、

  • 自由に住み替えできる。

  • 経済状況や近隣住民や周囲の環境などで直ぐに引っ越しできない。
  • 結婚や離婚、子供の成長、就職や失業などの変化に直ぐに対応できる。
  • 台風被害や修繕費用などの負担がない

などがあるだろうか。

 

 対して、持ち家派の意見としては、

  • 家賃を払うのなら購入した方が、ローンを支払ってしまえば老後は家賃を払わなくて済む。
  • 借り物ではないので自由に使える。DIYするのも自由。一戸建てならペットを飼ったりできる。
  • 住宅ローン控除がある。

などだろうか。

 人によっては、メリット・デメリットはもっとあると思う。でも、先にも述べたが、環境や性格、時期によっても変わってくるので、経験しないと分からないことが多い。なので、結果論だと私は思う。

 不動産関係は怖い、と言うか、知識がないので騙されやすい。それは、投資についても保険についても知識が無くては騙されることも多い。良い人もいるのだろうが、基本は良いことしか言わないので結果的に騙されるたと思うことになったり、そもそも騙そうとする悪い人もいる。不動産と言っても、家を購入するだけでなく、賃貸契約も不動産なので、売る人や貸す人にも注意が必要です。

 他人の意見ではなく、自分が家を借りたい、買いたい、と思ったときに調べて決めるのが、買ったとしても借りたとしてもそれが正解なのだと思う。

 

 私の経験から言えば、賃貸の時はお金のことを言えば、貧乏でした。と言うかお金は貯まりませんでした。

 でもその時は、賃貸が大好きだったんです。2年位すると引っ越ししたくなり新しいところに引越していました。賃貸の間取りを見るのが好きだったんです。探しだしたらとことん調べて、アパマンやエイブル、いい部屋ネットなどで調べて家を見に行きました。どこに行ってもだいたい同じなので、業者の人より詳しくなったりしました。でも、空きがでたり、そこでしか無い情報だったり、詳しい営業マンだったりしたりするので沢山まわりました。賃貸の会社に就職したいくらいでした(笑)

 その時は、私にとっては色々な経験や知識(安くできる交渉術やお得な引っ越しなど)が付き楽しくて大満足でした。しかし、お金の面で言えば違います。いわゆる引っ越し貧乏です。良い物件を安く値切ってお得に住んだとしても、一定レベルのスペックの物件(バス・トイレ別やちょっとした庭かベランダがそこそこ広いなど)に住みたい私にとっては格安物件では満足できず、しかも新しいもの好きな私にとっては引っ越ししたくなることもあり、満足はしてたけどお金が貯まらないのは確かでした。

 

 賃貸派の人からすると、安い家に住んで節約してお金を貯めるとなるんでしょうけど、私にはそれは当てはまらなかったです。狭い部屋で少し田舎に住んだりして家賃を抑えてお金を貯めれば貯まる人もいます。それはそれで正解です。でも、私には正解じゃないんです。そのお金の貯め方はできないんです。

 私がお金が貯まり始めた(貯まり始めたと言ってもそんな自慢できる程ではないですが、、、)のは、何と家を購入してからです。家を購入することで、考え方がまるで変わりました。節約の仕方、投資に関して、物を増やさなくても満足できる自分になった、など考え方が一変しました。長くなるので、その考え方はいずれブログで書きたいと思いますが、賃貸の時は貯金は多くて100万はなかったです。数十万くらい貯まれば引っ越ししたくなり引っ越ししていたので貯まらなかったんですけど、家を購入してからは直ぐに数百万は貯まりました。今は病気で仕事を辞めてしまったので溜まっていませんが、その貯金がなければ意地でも仕事にしがみついて精神が崩壊していたかも知れません。

 

 最後に、私が言いたいのは、賃貸の時の自分も一軒家を購入した時の自分も失敗ではないと言う事です。だから、とちらが良いとか悪いとかは無いです。満足の基準が違ったのです

 家を買う時にも不動産屋に騙されて損したこともあります。でも、それら一つ一つが経験で失敗ではないんです。これからも家の事で良くないことも起こるかも知れないですけど、先の事は誰にも分かりません。なので、考えて決めたことは全て最善だったと思うことが正解で良いのでは無いでしょうか。

 

 昔の教えや偉人たちの言葉で良く言われる事ですが、日本のことわざで言うと、 ”失敗は成功のもと” ですかね。

 ”失敗は失敗じゃ無くて、違うと言う経験をしただけ” と言う偉人さんもいたと思います。

 また、”一つの選択により不幸が起きたとしても、もう一つの違う選択の方がもっと不幸だったはずだから、今の選択がベストだった” みたいな昔の教えもあったと思います。

 自分は、100%を目指す人間ではないので全てうろ覚えでスミマセン。くれぐれも人に騙されたり、人を騙したり、はしない方が良いかな、と思います。

 

 とは言え、私はクヨクヨしたり後悔する人間です。偉そうな事を言える人間ではないですけど、今回はこんな感じで思った事をブログにしてみました。

 それでは、本日も最後までお読みいただきありがとうございました。良い一日をお過ごしください。